• グロトリアン 120チッペンデール
  • グロトリアン 120チッペンデール
  • グロトリアン 120チッペンデール
  • グロトリアン 120チッペンデール
  • グロトリアン 120チッペンデール
  • グロトリアン 120チッペンデール
  • グロトリアン 120チッペンデール
  • グロトリアン 120チッペンデール
  • グロトリアン 120チッペンデール
  • グロトリアン 120チッペンデール
  • Youtube動画
  • グロトリアン
  • R品
  • グロトリアン 120チッペンデール

  • SOLD OUT
  • アップライトピアノの中で「世界最高」と謳われるグロトリアンのアップライトです。このピアノは戦後の黄金期と呼ばれる時代に製造され、有名なX型支柱など、グロトリアンの特徴が見られます。ワインレッド色のマホガニーの外装は艶出に再塗装され、大変美しい状態です。内部も優れた状態で柔らかく魅力的な音色を持っています。なお、鍵盤はこの時代まで良く見られた85鍵です。
  • 商品詳細
    • サイズ:高さ
    • 120
    • 年代
    • 1954
    • 製造国
    • ドイツ
    • ペダル
    • 2P
    • 外装仕上げ
    • マホガニー艶出し
    • 展示
    • 有り (展示店舗:高崎店)
  • ピアノ部屋置きシュミレーション   ローン支払いシュミレーション
    • 検討中
    • グロトリアン (grotrian) とは
    • グロトリアン・シュタインヴェーク(現:グロトリアン)は、スタインウェイの創業者であるハインリッヒ・シュタインヴェーグ愛弟子フリードリッヒ・グロトリアンと、ハインリッヒの長男テオドールが1835年にドイツ・ブラウンシュヴァイクで創業した、長い伝統を誇る、世界を代表する、最も優れたピアノメーカーの一つです。
    • → 続きはこちら
    • フリードリッヒ・グロトリアン(1803 〜 1860)
    • フリードリッヒ・グロトリアン
      (1803 〜 1860)
    • 1839年、ブラウンシュヴァイクの博覧会にグランドピアノ1台とスクエアピアノ2台を出品し、ゴールドメダルを獲得したといわれています。これにより、ピアノメーカーとしての地位を確立しました。グロトリアンはシューマンの妻であったクララ・シューマンや、ワルター・ギーゼキング等、幾多の名ピアニストがコンサートで使用し続けてきました。
    • グロトリアンは、ハインリッヒの木材へのこだわりと、息子テオドールの音響学の知識で音色と音量へのこだわりから、響板やフレームに次々に革新的な改良を施していきます。
    • 彼の作るアップライトピアノは、そこらのグランドピアノを凌ぐ音色と音量を発揮したと言われます。
    • グロトリアン創業期の工房
    • グロトリアン創業期の工房
    • しかし、当時のヨーロッパ全体の社会への不安から、スタインウェイ一家は長男テオドールをドイツに残してアメリカへ移りました。
    • テオドールはドイツの工場を守り続けましたが、アメリカでのハインリッヒの工場が繁栄を極めて多忙になり、やがてテオドールもアメリカに呼ばれ、ドイツとアメリカの往復で多忙になった彼は、グロトリアンを筆頭とする3人の弟子(グロトリアン・ヘルフェリッヒ・シュルツ)に会社を売却しました。
    • これが後にグロトリアン・シュタインヴェークとなったのです。
    • グロトリアン・ピアノは、そのピアノ作りにおける最大の特徴として、響鳴板が挙げられます。
    • グロトリアンの音の特徴は、「シンギングトーン」といわれるように、まさに人が歌うような音だと形容されています。その音作りに決定的な影響を与えるのが響鳴板で、それゆえグロトリアンの響鳴板は、「シンギングボード」と呼ばれています。
    • 現在の最新鋭工場
    • 現在の最新鋭工場
    • グロトリアンは、この響鳴板に心血を注ぎ、その伝統を守り続けています。
    • グロトリアンの響鳴板には、アルプス山脈のある一定の標高の北斜面に一様に生育するスプルースを含水率が最も低い冬の間に伐採し、長期に亘って自然乾燥させたものが用いられています。さらに、この原木から加工された木材から、高い弾力性等の音響特性において優れた材料だけが選び抜かれて、バランスよく組み合わせる事によって、ホモジュナス・サウンドボード (均一性の高い響板) が造られます。
    • これは、日本の調律師の杵淵直知氏が、ドイツ滞在中に奥様に書き送った手紙の中で、ドイツのピアノ専門家の意見として、次の様にグロトリアンにふれています。
    • 「ドイツでピアノが10あって9つが響板が割れたとする。残った響板の割れないピアノがあったら、それはグロトリアンだ。」
      「アップライトは、グロトリアンが世界一だとだれでも言う。」 (杵淵直知書簡集『ヨーロッパの音を求めて』より)
    • X型背面構造
    • X型背面構造
    • 20層以上のブナ材を高温高圧の状態で成型し、鉄並みの強度を持った背面構造に仕上げます。これは、鋳物でできたアイアン・フレームを補強し、ピアノ全体の構造物としての強度を保証するとともに、調整によって得られた良質の状態を、できる限り長く維持することにも役立っています。
    • スタインウェイとルーツを共にして密接な関係を持つグロトリアンには、音にこだわり華麗で情感のある音色で人々を魅了し続ける美しい楽器です。