• スタインウェイ K-132
  • スタインウェイ K-132
  • スタインウェイ K-132
  • スタインウェイ K-132
  • スタインウェイ K-132
  • スタインウェイ K-132
  • スタインウェイ K-132
  • スタインウェイ K-132
  • スタインウェイ K-132
  • スタインウェイ K-132
  • スタインウェイ
  • R品
  • スタインウェイ K-132

  • 3,980,000円(税別)
  • モデルK-132は、スタインウェイ・アップライトピアノの中で一番大きいモデルです。グランドピアノを思わせる豊かなサウンドで人気の高い世界最高峰のアップライトピアノです。
    現在スタインウェイ社では、木目の外装を持つピアノの生産が非常に少ないのが現状です。そのため、中古として市場に流通することの滅多にない貴重な一台です。2008年製造年も新しく状態の良い、お勧めの一台です。
  • 【ゴールデンウィークセール対象商品です】
  • 商品詳細
    • サイズ:高さ
    • 132
    • 年代
    • 2008
    • 製造国
    • ドイツ
    • ペダル
    • 2P
    • 外装仕上げ
    • マホガニー艶出し
    • 展示
    • 有り (展示店舗:高崎店)
  • ピアノ部屋置きシュミレーション   ローン支払いシュミレーション
    • 検討中
    • スタインウェイ (steinway) とは
    • "世界のピアノの代名詞"と言われるスタインウェイは、その創業者であるハインリッヒ・エンゲハルト・シュタインヴェーク(のちに「ヘンリー・スタインウェイ」と英語流に改名)が苦しい修業の末、1836年ドイツのゼーセンの自宅のキッチンで最初のピアノを作り上げました。これがスタインウェイピアノの第1号"キッチンピアノ"です。
    • → 続きはこちら
    • ドイツで1842年に革命が起ったことから、ヨーロッパの政情不安に伴い、1851年にハインリッヒ・シュタインヴェークとその妻や子供たちはアメリカに移住して、1853年にニューヨークにスタインウェイ・アンド・サンズ社を創業し、最初の工場を構えます。
    • 因みに、"スタインウェイ"という名前は、元のドイツ名シュタインヴェークを英語名に改めたものです。
    • その後のスタインウェイ社は目覚しい発展を遂げて、たちまち頭角を現し、翌1854年にはワシントンの博覧会で金賞を受賞するなど、急激にその評価を高めました。
    • その後、1875年にはロンドンに支店とスタインウェイ・ホールを開設し、さらに1880年、ドイツ・ハンブルクに工場を設けて生産を始めました。これが後にニューヨーク製と並んで一世を風靡する「ハンブルク・スタインウェイ」のはじまりです。
    • スタインウェイの名声は爆発的に世界中に広がりを見せました。この時代にスタインウェイによって現代ピアノ(モダン・ピアノ)製造が確立されました。スタインウェイは今日でも工程の80%が手作業で行います。それはグランドピアノもアップライトピアノも同様で、1台のピアノ製作に約3年の歳月をかけるといわれています。
    • 現在はニューヨークとハンブルグで製造されていますが、世界中の大半のホールに設置されていると言われ、熱烈なファンを持っています。特に、歴代のスタインウェイ・アーティストに次の伝説的なピアニスト達がいます。
    • 1870年代にスタインウェイ社が初めて招聘して未曾有の成功を収めたアントン・ルビンシテイン、優れたヴィルトゥオーソとして活躍し、第1次世界大戦後に独立した祖国ポーランドの初代大統領となったイグナッツ・ヤン・パデレフスキ、同じくポーランド出身で類例の無い天才ピアニストとして華々しくデビューし、大ピアニストへの道を駆け上がったヨーゼフ・ホフマン、ロシアの著名な作曲家にして大ヴィルトゥオーソであったセルゲイ・ラフマニノフ、同じくロシアの伝説的ピアニストでラフマニノフの友人であったヴラディーミル・ホロヴィッツ、ポーランド出身の巨匠アルトゥール・ルービンシュタイン、カナダ出身の鬼才グレン・グールドなど、音楽史・演奏史を飾る幾多の代表的なピアニスト達によってスタインウェイは愛用され、その名声は決定的なものとなり、正にピアノ製造史の中にあって不動の地位を築いたと言っても過言ではないでしょう。
    • また、現在スタインウェイ社では、ボストン、エセックスという2つのブランドがあり、それぞれ設計・デザインを手がけ、スタインウェイの素晴しいエッセンスを盛り込んだピアノを製作しています。